ノバルティス ファーマ株式会社、ノバルティス、ステージIIIのBRAFV600遺伝子変異陽性悪性黒色腫の術後補助療法として、「タフィンラー」と「メキニスト」の併用療法がFDAの画期的治療薬指定を取得

(2017.11.10 10:27)

 ノバルティスは、本日、ステージIIIのBRAFV600遺伝子変異陽性悪性黒色腫患者さんに対する外科的完全切除後の術後補助療法として「タフィンラー(ダブラフェニブ)」と「メキニスト(トラメチニブ)」の併用療法を米国食品医薬品局(FDA)が画期的治療薬に指定したことを発表しました。

プレスリリースはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧