ブリストル・マイヤーズ スクイブ社、オプジーボ、治療歴を有する進行期腎細胞がん(RCC)患者において優れた3年生存率のベネフィットを示す

(2017.11.09 11:11)

 ブリストル・マイヤーズ スクイブ社(NYSE:BMY/本社:米国ニューヨーク/CEO:ジョバンニ・カフォリオ)は、本日、治療歴を有する進行期腎細胞がん(RCC)患者を対象に、オプジーボ(一般名:ニボルマブ)とエベロリムスを比較評価した第III相CheckMate-025試験の3年生存率のデータを発表しました。

プレスリリースはこちら

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧