BTJジャーナル、塩見春彦・徳島大学教授、慶應義塾大学医学部の教授に来年2月就任、清水信義教授の後任

(2007.11.19 16:11)
 徳島大学ゲノム機能研究センター分子機能解析分野の塩見春彦教授が、来年(2008年)2月、慶應義塾大学医学部分子生物学教室の教授に就任する。ヒト第22番染色体や第21番染色体のゲノム解析で世界に貢献した日本を代表するゲノム研究者、清水信義教授(07年3月で定年退職、関連記事)の後任だ。ポストゲノムはRNAと象徴する人事ともいえるだろう。

 08年4月には研究室全体が東京・新宿の信濃町にある慶應義塾大学キャンパスのリサーチパークに引越しする。ショウジョウバエを用いたnon-coding RNAの機構解明の研究をさらに発展させるとともに、マウスやヒトなど臨床に近い研究パワーも一層強化されることになりそうだ。

 詳しくは、RNAパズルを特集した「BTJジャーナル」07年10月号P.6-8の記事をご覧ください。(河田孝雄)

「BTJジャーナル」は次のサイトでダウンロードしてお読みください。
http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/


+BTJJ+



日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 製造業ゲームチェンジ ― 「バイオエコノミー」の衝撃 <テクノロジーNEXT 2018>
    2018年6月13日(水)開催 [東京・御成門]
    セルロースナノファイバー、スマートセルインダストリー、DIYバイオなど、製造業でも台頭してきたバイオ関連技術が、自動車や電機、素材、エネルギー業界などに与えるインパクト。その将来性、応用可能性を探る。
  • 「日経バイオ年鑑2018」<新刊>
    最新データからわかる、バイオ分野の[開発][市場][産業]動向。バイオ事業戦略の頼れる味方。自社のR&D戦略を描くために、マクロな視点で将来を展望する一冊です。
  • 「バイオベンチャー大全 2017-2018」
    国内の未上場バイオベンチャーの企業データをすべて網羅しました。提携先を探し求める製薬会社にとって、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、自社の経営戦略を見極めるうえで有益となる重要情報を開示します。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧