環境省、カルタヘナ法ゲノム編集技術等検討会の委員13人を決定

2018年10月までに中央環境審議会自然環境部会に結果報告を予定
(2018.07.13 08:00)1pt
河田孝雄

 環境省のカルタヘナ法におけるゲノム編集技術等検討会の委員13人が決まった。2018年7月11日に公開で開催された中央環境審議会自然環境部会遺伝子組換え生物等専門委員会(平成30年度第1回)にて、同検討会の設置が決まった。検討会の委員13人とその座長を、中央環境審議会自然環境部会遺伝子組換え生物等専門委員会の委員長を務める磯崎博司・岩手大学名誉教授が指名する。検討会を原則公開で2回開催して、ゲノム編集技術についてカルタヘナ法の規制対象範囲の整理等を行い、次いで第2回遺伝子組換え生物等委員会で報告を取りまとめ、パブリックコメントを経て2018年10月までに中央環境審議会自然環境部会に検討結果を報告する予定だ。事務局は、自然環境局野生生物課外来生物対策室が務めている。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE アカデミック版」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧