農研機構とカネカ、カルス培養不要のiPB法でゲノム編集

コムギの成果を日本農芸化学会で発表
(2018.03.19 08:00)1pt
河田孝雄

 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)とカネカは、培養が不要なin planta形質転換技術であるin planta particle bombardment(iPB)法をゲノム編集に適用し、カルス培養を経ずにコムギ個体を直接、ゲノム編集する技術を確立した。「実用品種に適応しやすい新技術」と、農研機構生物機能利用研究部門遺伝子利用基盤研究領域組換え作物技術開発ユニットの今井亮三主席研究員は2018年3月17日、名古屋市で開かれた日本農芸化学会2018年度大会の口頭発表で語った。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE アカデミック版」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧