「ヒトを幸せにする機能を植物に付与」、筑波大の野中助教が講演

冊子「ゲノム編集-新しい育種技術-」を農研機構が作成
(2018.03.02 08:00)1pt
河田孝雄

 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)生物機能利用研究部門遺伝子組換え研究推進室は2018年3月1日、農研機構NIASサイエンスカフェの第5回を茨城県つくば市内で開催した。筑波大学つくば機能植物イノベーション研究センター(T-PIRC、センター長:江面浩教授)の野中聡子助教が「GABAを増やそう-ゲノム編集によるトマトの高付加価値化-」と題した講演を行い、20人ほどの参加者と意見を交換した。サイエンスカフェは、気軽な雰囲気の中で研究者と語り合うことのできる場所。農研機構が「農林水産先端技術の加速化のためのアウトリーチ活動強化委託事業」により実施している。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE アカデミック版」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    2018年7月31日発行!海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 「日経バイオ年鑑2018」
    最新データからわかる、バイオ分野の[開発][市場][産業]動向。バイオ事業戦略の頼れる味方。自社のR&D戦略を描くために、マクロな視点で将来を展望する一冊です。
  • セミナー「創薬R&Dにおける新たな試み」
    2018年9月21日開催!創薬R&Dにおける新たな試みをテーマとし、これからの研究開発者にとって「創薬研究に役立つヒント」を提供。第一三共、大日本住友製薬、アクセリード ドラッグディスカバリーパートナーズのキーパ-ソンが提言。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧