組換え食品の表示、「組換えでない」の意図せざる混入率は5%を0%へ

「ハウス食品の『とんがりコーン』の表示は望ましいのでは」と名大の立川教授
(2018.02.01 08:00)1pt
河田孝雄

 消費者庁の第8回遺伝子組換え表示制度に関する検討会が2018年1月31日に公開で開催された。10人の委員全員が参加して検討会の報告書案(たたき台)について審議した。10時から12時までの開催予定時間を40分近く超過した審議により、「意図せざる混入率」を現在の5%以下から0%へと変更する方向性が固まった。次回、2月16日14時から開催する第9回検討会で、報告書案について審議する。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE アカデミック版」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧