組換え食品の表示、「組換えでない」の意図せざる混入率は5%を0%へ

「ハウス食品の『とんがりコーン』の表示は望ましいのでは」と名大の立川教授
(2018.02.01 08:00)1pt
河田孝雄

 消費者庁の第8回遺伝子組換え表示制度に関する検討会が2018年1月31日に公開で開催された。10人の委員全員が参加して検討会の報告書案(たたき台)について審議した。10時から12時までの開催予定時間を40分近く超過した審議により、「意図せざる混入率」を現在の5%以下から0%へと変更する方向性が固まった。次回、2月16日14時から開催する第9回検討会で、報告書案について審議する。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE アカデミック版」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧