東大、第一三共など、アストロサイト分泌酵素にAβ分解活性を発見

アルツハイマー病創薬の新しい標的に
(2018.01.16 08:00)1pt
小崎 丈太郎

 東京大学大学院薬学研究科の富田泰輔教授と同大学薬学部の木棚究特別研究員、建部卓也元大学院生(現、帝京平成大学薬学部助教)、堀由紀子助教と第一三共、新潟大学、理化学研究所のグループは、脳のアストロサイトが分泌する酵素KLK7(kallikrein-related peptidase 7)にアルツハイマー病の原因となるアミロイドβ(Aβ)を分解する活性があることを見いだし、EMBO Molecular Medicine10.15252/emmm.20170814に報告した。

 アルツハイマー病の発症機構を巡っては近年、従来の神経細胞の加え、アストロサイトを含むグリア細胞の役割が注目されている。今回報告された研究成果もその1つといえる。同時にアルツハイマー病創薬の新たな戦略として、“KLK7の産生促進”が浮上してきたことをも意味する。同グループは、アルツハイマー病治療薬のメマンチン(第一三共)にKKR7産生を促進する働きがあることも報告した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE アカデミック版」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧