農研機構、2018年度に血圧調整イネを開放系で栽培へ

ゲノム編集シンク能改変イネの第2弾も予定
(2017.12.27 08:00)1pt
河田孝雄

 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)は、2018年度に予定している遺伝子組換え作物等の第一種使用等(開放系での使用等)による栽培の予定を、2017年12月26日に発表した。茨城県の「遺伝子組換え農作物の栽培に係る方針」および茨城県つくば市の「遺伝子組換え作物の栽培に係る対応方針」に従ったもの。つくば市観音台にある農研機構の隔離圃場や高機能性隔離圃場において、5種類のイネを栽培する(末尾参照)。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE アカデミック版」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧