東大浦野教授、乳癌検出の蛍光プローブが2018年にも臨床性能試験へ

蛍光のオンオフを精密に制御できる蛍光プローブ開発で山崎貞一賞を受賞
(2017.12.07 08:00)1pt
高橋厚妃

 東京大学大学院薬学系研究科・医学系研究科の浦野泰照教授は、2017年度の山崎貞一賞バイオサイエンス・バイオテクノロジー分野を受賞。2017年11月22日、贈呈式が行われた。同日、浦野教授は本誌の取材に応じ、研究開発の経緯や診断薬として開発中の蛍光プローブの開発状況について語った。浦野教授の蛍光プローブは、バイオベンチャーの五稜化薬(札幌市中央区、丸山健一代表取締役)が診断薬として開発している。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE アカデミック版」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 製造業ゲームチェンジ ― 「バイオエコノミー」の衝撃 <テクノロジーNEXT 2018>
    2018年6月13日(水)開催 [東京・御成門]
    セルロースナノファイバー、スマートセルインダストリー、DIYバイオなど、製造業でも台頭してきたバイオ関連技術が、自動車や電機、素材、エネルギー業界などに与えるインパクト。その将来性、応用可能性を探る。
  • 「日経バイオ年鑑2018」<新刊>
    最新データからわかる、バイオ分野の[開発][市場][産業]動向。バイオ事業戦略の頼れる味方。自社のR&D戦略を描くために、マクロな視点で将来を展望する一冊です。
  • 「バイオベンチャー大全 2017-2018」
    国内の未上場バイオベンチャーの企業データをすべて網羅しました。提携先を探し求める製薬会社にとって、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、自社の経営戦略を見極めるうえで有益となる重要情報を開示します。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧