九州大中山教授、腫瘍随伴マクロファージの集積メカニズムを同定

新規抗癌剤標的としてmTORC1と連動するFOXK1に可能性
(2017.12.01 08:00)1pt
川又総江

 九州大学生体防御医学研究所の中山敬一主幹教授らの研究グループは、マクロファージが腫瘍に浸潤する仕組みを解明した。マクロファージが癌周囲に集まる(腫瘍随伴マクロファージ[TAM])原因の1つがmTORC1-FOXK1-CCL2経路の活性化であることを特定した。本研究成果は、米国時間2017年11月28日のCell Reports誌(21巻9号2471ページ)に掲載された。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE アカデミック版」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧