慶應大、抗癌幹細胞薬のPEG化剤を開発

ドラッグリポジショニングの試金石に
(2017.11.22 08:00)1pt
小崎丈太郎

 慶應義塾大学医学部・先端医科学研究所遺伝子制御研究部門の佐谷秀行教授は、抗癌幹細胞薬として開発が進むスルファサラジン(SSZ)の水溶性を高めるために、東京工業大学と共同で、ポリエチレングリコール(PEG)で修飾した新規薬剤を開発した。PEG化によって、注射剤化してSSZの課題である消化器症状の回避が目的。同時に、特許が切れたSSZに新たな特許性を賦与することも狙う。SSZについては、九州大学のグループが進行肺癌の1次治療に使用したフェーズI医師主導治験を行い、治療薬として有望な成果を2017年9月に報告したばかり。SSZのPEG化製剤はドラッグリポジショニングの試金石にもなりそうだ。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE アカデミック版」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 製造業ゲームチェンジ ― 「バイオエコノミー」の衝撃 <テクノロジーNEXT 2018>
    2018年6月13日(水)開催 [東京・御成門]
    セルロースナノファイバー、スマートセルインダストリー、DIYバイオなど、製造業でも台頭してきたバイオ関連技術が、自動車や電機、素材、エネルギー業界などに与えるインパクト。その将来性、応用可能性を探る。
  • 「日経バイオ年鑑2018」<新刊>
    最新データからわかる、バイオ分野の[開発][市場][産業]動向。バイオ事業戦略の頼れる味方。自社のR&D戦略を描くために、マクロな視点で将来を展望する一冊です。
  • 「バイオベンチャー大全 2017-2018」
    国内の未上場バイオベンチャーの企業データをすべて網羅しました。提携先を探し求める製薬会社にとって、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、自社の経営戦略を見極めるうえで有益となる重要情報を開示します。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧