トヨタ自動車、NGS新規マーカー技術「GRAS-Di」を事業化

かずさDNA研、Eurofins社、ジーンベイが受託解析開始
(2017.10.30 13:30)1pt
河田孝雄

 トヨタ自動車は、独自のサンプル調製手法と次世代シーケンサー(NGS)を組み合わせた新規DNAマーカー技術「GRAS-Di」を事業化する。かずさDNA研究所、ユーロフィンジェノミクス(東京・大田)、ジーンベイ(横浜市港北区)の3者が、2017年10月30日にトヨタ自動車と受託解析のライセンス契約を締結し、11月1日から受託解析を開始する。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE アカデミック版」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧