アサヒが今週発売の機能性表示食品、関与成分量がトクホの1.4倍

血圧高め対策ラクトトリペプチド多量配合の狙い
(2017.10.19 08:00)1pt
河田孝雄

 アサヒカルピスウェルネスが2017年10月16日、機能性表示食品「ラクトウェル」(届出番号:C114、届出日:2017年6月9日)の通信販売を開始した。機能性関与成分は、カゼインを酵素分解して得られるトリペプチド(VPP、IPP)を含むラクトトリペプチド(LTP)。LTPは、アンジオテンシン変換酵素(ACE)を阻害して血圧を下げる食品由来ACE阻害ペプチドのパイオニアの1つ。20年前の1997年にカルピス(当時)がLTPを関与成分とする特定保健用食品(トクホ)飲料「アミールS」(現在は、アサヒ飲料が販売)を発売し、食品由来ACE阻害ペプチドとして最も実績がある。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE アカデミック版」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧