キュア・アップ、禁煙治療支援ソフトの治験開始へ

スマホアプリが新しい医療機器になる
(2017.10.03 08:00)1pt
小崎 丈太郎

 慶應義塾大学発の医療ベンチャーであるキュア・アップ(東京・中央)がニコチン依存症治療アプリ「CA-F17」の治験を開始すると発表した。2017年10月2日に都内で開催した記者会見で、同社の創業者で現在の最高経営責任者(CEO)である佐竹昇太医師(日赤医療センターに在籍)は「『治療アプリ』という革新的な治療用ソフトウエア機器を開発し、診療現場に導入することで、既存の治療が生み出せなかった新たな治療効果を創出し、病気の患者を支えたい」と語った。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE アカデミック版」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧