遺伝学会が新提案、優性→顕性、突然変異→変異、変異→多様性

遺伝学用語集「遺伝単」をNTSが9月29日に発行
(2017.09.28 00:30)1pt
河田孝雄

 日本遺伝学会は、日本における適切な遺伝学用語の提案と、学会監修・編による新しい遺伝学用語集「遺伝単」の発刊について、2017年9月26日に記者会見を東京大学弥生キャンパスにて開催した。日本遺伝学会の会長を務める小林武彦・東京大学分子細胞生物学研究所教授と、日本遺伝学会遺伝学用語集編集委員ワーキンググループ(WG)のまとめ役を務めた桝屋啓志・理化学研究所バイオリソースセンターマウス表現型知識化研究開発ユニットユニットリーダー、同WGの池内達郎・染色体学会理事長/元東京医科歯科大学(難治疾患研究所)助教授の計3人が説明した。遺伝学用語集編集委員WGの3人のもう1人は、布山喜章・元東京都立大学教授だ。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE アカデミック版」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    2018年7月31日発行!海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 「日経バイオ年鑑2018」
    最新データからわかる、バイオ分野の[開発][市場][産業]動向。バイオ事業戦略の頼れる味方。自社のR&D戦略を描くために、マクロな視点で将来を展望する一冊です。
  • セミナー「創薬R&Dにおける新たな試み」
    2018年9月21日開催!創薬R&Dにおける新たな試みをテーマとし、これからの研究開発者にとって「創薬研究に役立つヒント」を提供。第一三共、大日本住友製薬、アクセリード ドラッグディスカバリーパートナーズのキーパ-ソンが提言。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧