横浜市大、神経形成因子LOTUSに脳梗塞改善促進効果

トランスジェニックマウスでの検証に成功
(2017.09.20 00:00)1pt
小崎丈太郎

 横浜市立大学大学院生命医科学研究科生体機能医科学研究室の竹居光太郎教授と同大学院医学研究科脳神経学教室の川原信隆教授(研究当時)らが、神経回路形成因子LOTUS(Lateral Olfactory Tract Usher Substance)に梗塞後の軸索再生を促進、機能を改善する効果があることを確認した。脳梗塞や脊髄損傷の薬物療法の開発につながる成果だ。この研究の結果は米科学誌PLOS ONE(日本時間9月8日オンライン)に報告された。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE アカデミック版」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧