群馬大、コンディショナルKOマウスを1カ月で作製する技術を開発

発生過程で、2段階に分けてCRISPR/Casで組み換え
(2017.08.22 00:00)1pt
高橋厚妃

 群馬大学生体調節研究所ゲノム科学リソース分野の畑田出穂教授、堀居拓郎助教らのグループは、受精卵からの発生過程でCRISPR/Casのゲノム編集技術を2段階に分けて行うことで、対象臓器だけで標的の遺伝子を破壊できるコンディショナル・ノックアウト・マウスを1カ月で作製できる技術を開発した。従来は、コンディショナル・ノックアウト・マウスの作製には数年かかっていた。研究成果は、2017年8月11日、Scientific Reports誌に掲載された。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE アカデミック版」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧