東京大学、エネルギー消費促進に向かわせる肥満症治療標的を同定

PPARγと協調して褐色脂肪の遺伝子プログラムを活性化する新規制御因子
(2017.08.18 00:00)1pt
川又総江

 東京大学医学部附属病院 糖尿病・代謝内科の門脇孝教授らの研究グループは、2017年8月15日、肥満症の治療標的となり得る褐色脂肪組織の主要制御因子NFIA(Nuclear factor I-A)を同定したと発表した。NFIAの制御を介して褐色脂肪組織を活性化することにより、エネルギーの摂取抑制ではなく消費促進に基づく肥満症治療、さらにはメタボリックシンドローム、肥満2型糖尿病など代謝性疾患の新たな治療法の実現に近づくと期待される。本研究成果は、英国時間2017年8月14日のNature Cell Biologyオンライン版に掲載された。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE アカデミック版」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧