九大と連携のトライフ、口腔カンジダ症対策にも役立つ「ネオナイシン-e」を商品化へ

抗菌ペプチドのナイシンAに、ブルガリア産の精油を配合
(2017.08.04 06:00)1pt
河田孝雄

 バイオ×ソーシャルベンチャーのトライフ(横浜市中区、手島大輔代表取締役)は、日和見感染症である口腔カンジダ症の原因となる酵母Candida albicansに対して抗菌作用を示す口腔ケア剤「ネオナイシン-e」を2017年秋に販売する。飲み込んでも安全な口腔ケア剤「ネオナイシン」の進化版として販売を拡大する。本社近くの開港記念館(横浜市中区)で2017年7月28日に記者発表を行い、産学連携相手の九州大学大学院農学研究院の園元謙二教授も登壇した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE アカデミック版」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧