次期がん対策計画の“癌ゲノム医療の推進”に不安の声

がん拠点病院連絡協議会で明らかに
(2017.07.27 00:00)1pt
小崎丈太郎

 第3期がん対策推進基本計画に盛り込まれることが検討されている“癌ゲノム医療の推進”について、その受け皿となるがん診療連携拠点病院の一部から実現を不安視する声が上がっている。7月25日に東京の国立がん研究センターで開催された第10回都道府県がん診療連携拠点病院連絡協議会で明らかにされた。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE アカデミック版」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧