【日経バイオテクONLINE Vol.2874】

低分子薬の概念を変える“標的蛋白質分解誘導薬”

(2018.03.02 08:00)
久保田文

 おはようございます。日経バイオテク副編集長の久保田です。従来の阻害薬や作動薬とは違う、全く新しい作用機序を持つ低分子薬が、今、業界で大きな注目を集めているのをご存じでしょうか。

 その低分子薬は、ユビキチン-プロテアソーム系を転用して、疾患の発症や増悪に関わる異常蛋白質にE3リガーゼを近づけてユビキチン化。人為的に異常蛋白質の分解を誘導する薬剤のことです。欧米では、”Protein degrader (蛋白質の分解屋)”とか、”Molecular glue(分子糊)”といった表現をされており、我々はこれを、“標的蛋白質分解誘導薬”と命名。最新号で特集をまとめました。

!おススメ!
特集◎臨床入り目前の標的蛋白質分解誘導薬
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/082400016/022100047/

 標的蛋白質を阻害(ないしは作動)していた従来の低分子薬とは異なり、標的蛋白質分解誘導薬は、標的蛋白質を分解してしまう低分子薬です。ということは、転写因子やスプライシング因子のように、酵素活性などのない蛋白質を狙ったり、酵素阻害薬に対して耐性を示す酵素を狙ったりすることが可能になります。近年、標的の枯渇が指摘されていた低分子薬を、まさに“再生”させるような、新たな概念だと言えるでしょう。

 日本では、不思議なくらい話題になっていないのですが、欧米ではベンチャー企業はもちろん、ここ数年は、大手製薬企業もこぞって、創薬に乗り出しています。そして、これまでの研究開発を通じ、この標的蛋白質分解誘導薬の成否を左右するのは、“ケミストリー”だということも明確になってきました。個人的には、日本のメディシナルケミストリーの力を生かせるのではないかと期待しているところです。ぜひ、上記の最新号の特集と合わせて、下記の特集連動記事をご一読ください!!

特集連動◎NIHS内藤氏、日本発のハイブリッド型の基盤技術「SNIPER」を開発
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/18/02/22/03900/

特集連動◎東京医大半田氏、「神経疾患でE3リガーゼ活用する創薬手掛けたい」
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/18/02/22/03901/

特集連動◎エーザイ、「標的蛋白質分解誘導薬は癌の発症予防に使える可能性も」
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/18/02/23/03916/

特集連動◎兵庫医療大田中氏、「標的蛋白質分解誘導薬は蛋白質の機能解明に有用」
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/18/02/23/03915/

特集連動◎武田薬品Dick氏、E3リガーゼ標的創薬には“正しいケミストリー”が必要
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/18/02/22/03908/

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    2018年7月31日発行!海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 「日経バイオ年鑑2018」
    最新データからわかる、バイオ分野の[開発][市場][産業]動向。バイオ事業戦略の頼れる味方。自社のR&D戦略を描くために、マクロな視点で将来を展望する一冊です。
  • セミナー「創薬R&Dにおける新たな試み」
    2018年9月21日開催!創薬R&Dにおける新たな試みをテーマとし、これからの研究開発者にとって「創薬研究に役立つヒント」を提供。第一三共、大日本住友製薬、アクセリード ドラッグディスカバリーパートナーズのキーパ-ソンが提言。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧