【日経バイオテクONLINE Vol.2860】

薬価改定目前、“区分II”だったある国内製薬の悩み

(2018.02.09 08:00)
久保田文

 おはようございます。日経バイオテク副編集長の久保田です。

 1月15日号の特集でもお伝えしましたが、2018年4月、2018年度診療報酬改定が実施されます。通常の薬価改定に加え、薬価制度の抜本改革と称して、「新薬創出・適応外薬解消等促進加算制度」の抜本的見直しや、長期収載品の引き下げなど、今回はあの手この手で薬価が下げられる結果となり、製薬企業の業績を直撃するのは必至と見られています。

特集◎2018年のトレンドを読み解く
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/082400016/011000044/

 うち、新薬創出等促進加算制度の見直しでは、現在販売されている約900品目の先発医薬品を対象として、同加算の適用品目を見直すことになりました。見直し後は、加算の対象品目が約820品目から約540品目へ、大幅に減少。加えて、加算を算定する際の係数も、企業区分に応じて差を付けることになりました。

 具体的には、(1)2017年9月時点の国内試験(国際共同試験を含む)の実施数、(2)過去5年間の新薬収載実績(収載成分数)、(3)開発公募品の開発着手数、(4)開発公募品の承認取得数、(5)世界に先駆けた新薬の開発品目数――に応じて企業にポイントを付与。積算ポイントに応じて企業を3区分し、上位25%は「区分I」、最低ポイントは「区分III」、それ以外が「区分II」となり、加算係数に差がつけられます。

 厚生労働省は2018年1月、各製薬企業に対し、見直し後の加算の対象品目や、加算計数を決定するための企業区分について通知を行いました。その中で、ある国内製薬企業の関係者は「上位25%には入っていると思っていたが、区分IIだった…」とこぼしていました。

 今後に向けて同社が悩んでいるのは、「自分たちなりに、ポイントを積算してみたものの、あくまで相対評価なので、今後どの程度ポイントを増やしたら区分Iに入れるのかよく分からない」(同関係者)ということ。もちろん、(1)から(5)まで全体にポイントを増やせればいいのでしょうが、現実はそう簡単ではありません。前出の関係者は、「いっそのこと、全社のポイントの詳細と順位を公表して欲しい」と話していました。今回実施が決まった薬価制度の抜本改革ですが、運用に当たっては、いろいろ改善の余地はありそうだ、と感じているところです。

 最後にお知らせです。2018年2月27日から3月1日にかけて、京都市内で「AsiaTIDES 2018」が開催されます。同年会は、アジアから、核酸(オリゴヌクレオチド)医薬、ペプチド医薬の研究・開発・製造に携わる300人以上の専門家が、一堂に会する機会です。私も現地に取材に行く予定ですので、最新の研究開発状況について、ご提供いただけるネタがございましたら、一声おかけください。

↓↓お申し込みはこちらから↓↓
http://bit.ly/2DRxFp5

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 製造業ゲームチェンジ ― 「バイオエコノミー」の衝撃 <テクノロジーNEXT 2018>
    2018年6月13日(水)開催 [東京・御成門]
    セルロースナノファイバー、スマートセルインダストリー、DIYバイオなど、製造業でも台頭してきたバイオ関連技術が、自動車や電機、素材、エネルギー業界などに与えるインパクト。その将来性、応用可能性を探る。
  • 「日経バイオ年鑑2018」<新刊>
    最新データからわかる、バイオ分野の[開発][市場][産業]動向。バイオ事業戦略の頼れる味方。自社のR&D戦略を描くために、マクロな視点で将来を展望する一冊です。
  • 「バイオベンチャー大全 2017-2018」
    国内の未上場バイオベンチャーの企業データをすべて網羅しました。提携先を探し求める製薬会社にとって、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、自社の経営戦略を見極めるうえで有益となる重要情報を開示します。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧