書籍「新薬創製」

(2016.03.15 12:00)

オプジーボ、アクテムラ、ブロプレス、‥‥ 日本で生まれた、12の画期的新薬。その開発の過程を当事者へのインタビューを基に徹底分析。

この革新的なブロックバスター医薬品の各事例には、創薬過程にユニークな特徴がある。統一的視点でその過程を調査・横断分析した結果、基礎研究の重要性、知的財産制度が果たす役割、産学連携の在り方など、多くの示唆を与えてくれるポイントが見出せる。

本書は、製薬企業やベンチャー、大学などで、医薬品の研究開発に携わる全ての方と、イノベーションのマネジメントに関心のある研究者、ビジネスマンにはお薦めの一冊。

執筆は、イノベーションと産業組織を研究対象としてきた東京経済大学の長岡貞男教授を中心に、研究者や製薬企業出身者らからなる10人のグループが担った。

詳しい内容とお申し込みはこちら。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    2018年7月31日発行!海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 「日経バイオ年鑑2018」
    最新データからわかる、バイオ分野の[開発][市場][産業]動向。バイオ事業戦略の頼れる味方。自社のR&D戦略を描くために、マクロな視点で将来を展望する一冊です。
  • セミナー「創薬R&Dにおける新たな試み」
    2018年9月21日開催!創薬R&Dにおける新たな試みをテーマとし、これからの研究開発者にとって「創薬研究に役立つヒント」を提供。第一三共、大日本住友製薬、アクセリード ドラッグディスカバリーパートナーズのキーパ-ソンが提言。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧