寛和久満夫の深読み科学技術政策226回

幅広い視野で研究開発を捉える──エッジコンピューティングを例に──

(2018.07.17 08:00)1pt
寛和久満夫=科学ジャーナリスト

 スマートロボット、自動運転、IoTなどによる物理的な世界としてのフィジカル空間と、コンピューターやネットワーク上における様々なデータや情報から成るサイバー空間とが高度に融合したサイバーフィジカルシステム(CPS)を構築することで、人間の能力の強化や活動を支援し、安全で快適な生活や活力ある社会を目指すSociety5.0。この実現のためには、様々な技術開発のみならず、社会的ルールの整備も必要になるが、今回は、中心的な技術の1つであるエッジコンピューティングを取り上げてみよう。



ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE アカデミック版」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧