寛和久満夫の深読み科学技術政策222回

財政制度等審議会、コスト削減の重点領域の1つに文教・科学技術を設定

総合科学技術・イノベーション会議が政府研究開発投資の足を引っ張る?!
(2018.06.07 08:00)1pt
寛和久満夫=科学ジャーナリスト

 財務省の財政制度等審議会は2018年5月23日、新たな財政健全化計画等に関する建議を麻生太郎財務相に提出した。要約すると、(1)財政健全化のため、2019年度以降も厳しい予算編成を行っていくということ、(2)2019年度からの3年間を集中改革期間として位置付け、特に重要分野について歳出の抑制を重点的に進めていくということ――だ。この建議では、歳出の抑制対象の重要分野として科学技術分野が挙げられている。建議を見て気付くのが、総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)が主導し内閣府が実施している戦略イノベーション創造プログラム(SIP)や、革新的研究開発促進プログラム(ImPACT)が、悪い事例として取り上げられているということだ。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE アカデミック版」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    2018年7月31日発行!海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 「日経バイオ年鑑2018」
    最新データからわかる、バイオ分野の[開発][市場][産業]動向。バイオ事業戦略の頼れる味方。自社のR&D戦略を描くために、マクロな視点で将来を展望する一冊です。
  • セミナー「創薬R&Dにおける新たな試み」
    2018年9月21日開催!創薬R&Dにおける新たな試みをテーマとし、これからの研究開発者にとって「創薬研究に役立つヒント」を提供。第一三共、大日本住友製薬、アクセリード ドラッグディスカバリーパートナーズのキーパ-ソンが提言。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧