米Amgen社の研究開発の再編が近いと噂されていますが、米Genentech社と並んで、今でもバイオテクノジーのリーディングカンパニーであることに変わりはありません。取材の手法として定点観測しています。2012年12月10日にアイスランドのDeCode genetics社を4億5100万ドルで買収し、完全子会社にしたことの意味がどうも理解できずに喉に引っかかっていました。この疑問が氷解したのはなんと2015年9月1日でした。同社はスイスNovartis社と提携、とうとうアルツハイマー病の治療薬開発に乗り出したのですが、その背景にDeCode社がおりました。皆さんはノックアウト・マウスよりノックアウト・ヒューマンの方が目的の遺伝子の機能解析に有効であることは理解できるでしょう。しかし、そんなインモラルなことはできないと考えを封じるのが常識人ですが、なんとDeCode社はそれをスマートに解決してしまったのです。これによりドラッグ・リポジショニングの時代が終焉し、ドラッグリボーンの時代が始まったのです。「何言っているのか分からない?」その謎解きは次でお読み願います。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で100本まで読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)