日本では特許切れしたレミケードなど大型抗体医薬のバイオ後続品の商品化が話題を集めていますが、世界はその先に動いております。大型抗体医薬の商業化第2の波が始まったのです。今回の波を駆逐するのは完全ヒト化抗体技術とゲノム解析技術です。今度の波に乗り遅れると、我が国の製薬企業はもうバイオ新薬では世界と戦えぬ土壇場を迎えてしまいます。あなたの企業は大丈夫ですか? ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で100本まで読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)