製造業に技術革新を迫る3Dプリンターが、バイオの世界にも出現しました。世界初のバイオ3Dプリンターを実用化した、九州大学発のベンチャー企業、サイフューズは再生医療を丸ごと変えようと大胆にも挑戦を始めました。先週の金曜日に行われた第一回のcell aggregation meeting 2013の前夜祭の最大の収穫でした。160人以上の研究者が集結、再生医療関係の企業もほとんど顔を見せた研究会の後夜祭も午前3時まで中州で盛り上がったようです。その熱気の背景は単なる食欲だけではありません。バイオ3Dプリンターは、第二世代の再生医療の突破口を開く技術革新だという予感、もしくは確信が、研究者をここまで熱狂させるのです。そして、その中核技術は驚くべきことに、わが国の伝統文化、生け花から発想を得たものでした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)