STAP細胞樹立のコツを理研が3月5日に発表、正常化に向かうかと思った矢先に、事態が急転いたしました。ここ2日の動きを号外でお知らせいたします。まだ取材継続中ですが、現在の段階ではSTAP細胞論文のファーストオーサーである小保方晴子ユニットリーダーだけに責任を負わせることはできないと判断しています。トカゲのシッポ切りだけでは問題は解決しそうにありません。理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の研究体制にもメスを入れなくてはなりません。実はSTAP細胞は、センター長戦略プログラムとして、理研内でも秘密プロジェクトとして研究が進められていました。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)