さてまだ多分やっている可能性がありますが、理化学研究所の検証実験の記者会見も開催されました。そこで話されたことは、まさに理研が名誉回復のため危険なギャンブルを行うことでした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)