今日も申し訳ありませんが、STAP問題の続きです。本日理研で、第三者によって構成された研究不正防止・再発委員会が発足しました。委員長は東大名誉教授で物質・材料研究機構の元理事長である岸輝雄日本工学会会長でした。数日前に指名を受けた段階ですので、詳細なことは今後の問題となっていますが、第1

回の委員会の争点は驚いた事に、委員会の名称をめぐるものでした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)