STAP細胞騒動の影に隠れて、全然目立ちませんでしたが、今までの人間を対象とした臨床研究に関して、画期的な改革が我が国で起こることがほぼ確実となりました。これが成功すれば、高血圧治療薬ディオバンの臨床試験捏造事件のようなことは2度と起こらないはずです。医療イノベーションやバイオテクノロジーの研究で必要不可欠である臨床研究の質の担保をするインフラ整備が始まります。まさに、雨降って地固まるであります。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)