現在、東京・国際フォーラムで開催中の富士通病院経営フォーラムに参加しています。ICT企業の富士通が国際フォーラムを貸し切って、顧客を招いて開催する展示会・シンポジウムです。その一角で富士通病院経営戦略フォーラムが開催されています。何とそのテーマは「間近に迫る個別化医療・先制医療、その現状と将来の展望」というものでした。もはやICT企業もバイオによる医療の変化を無視することができなくなったのです。10年以上も前に「これからは情報資本主義となる、その情報の中で最も重要なのは生命情報である」と啖呵を切ったことを思い出します。そのころは虚空に叫ぶが如しでしたが、今やその予言が時を得たのです。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)