昨日の夜、東大で、医療政策の議論をいろいろな分野のオピニオンリーダーと行っておりましたが私がお示しした新しい医療のトレンドで、最も強く注目されたのは疾患・健康関連SNS(ソーシャルネットワーク)「PatientsLikeMe」でありました。難病患者の家族が立ち上げたSNSとバイオ医薬開発の雄である米Genentech社が、5年の共同研究契約を2014年4月に締結したのです。常に先手先手で創薬や医薬ビジネスの創造的な破壊を行ってきた同社がとうとうSNSを活用した新薬開発に乗り出したのです。一体、何が目的なのでしょうか? ぽかんとしているあなた、この動きに遅れると、医薬品産業での競争そのものにも乗り遅れてしまうのですよ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)