STAP細胞騒動もこれで収束かと思っておりましたが、どうやら理研の動きが悪い。さっさと責任を明確にして、第三者委員会から辞任を勧告された理研の幹部が身を処し、別の経営陣によって、研究不正を許した理研の構造的な欠陥を是正する動きに着手すれば良いのにそれが中々現れません。第三者委員会が、解散すべきと断言した神戸市の理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の処分も宙ぶらりんです。しかも、研究不正ありと理研の調査委員会が認定した小保方晴子ユニットリーダーは、どうやらSTAP細胞の再現実験参加を許される見通しで、研究不正が認定されたのに、どんな処分が下されるのか、良く判らない状況になっています。まさにカオス。ここまで組織としてのガバナンスが実行できないのは、理研だけでなく、その監督官庁で理事を二人も派遣している文部科学省の行政能力にも疑問符をつけざるを得ない状況です。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)