2014年7月4日、小野薬品が京都大学と開発した抗PD-1抗体「オプジーボ」(ニボルマブ)が根治切除不能な悪性黒色腫の治療薬として販売認可を獲得しました。多種のがんにも効果が期待でき、間違い無くブロックバスターとなる抗がん剤です。ニボルマブはしかし同時に、現在最も流行している個の医療に、反旗を掲げるイノベーションの旗手でもあります。いよいよ反個の医療の実用化が始まったのです。皆さんも、流行だけ追っていると、また一周遅れになりかねません。その反省も込めて、わが国が生んだ画期的な新薬ニボルマブを材料に、個の医療と反個の医療の線引きを議論します。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)