帝人が開発した高尿酸血症・痛風治療薬「フェブリク」(フェブキソスタット)が順調に売り上げを伸ばしている。2014年度3月期には売り上げを倍増、国内売り上げで114億円を突破した。2015年3月期には間違い無く同社の骨粗鬆症治療薬「ボナロン」を抜いて、売り上げトップに躍り出るだろう。加えて海外での売り上げ増を加えれば世界で1600億円市場を築くという期待も現実化しつつある。既にイノベーションは終わったと誰もが考えていた痛風に何故ブロックバスターが何故誕生したのか?



 ここからは申し訳ありませんが、WMの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/)から有料でお読み願います(個人カード払い限定、月間500円で100本まで読み放題)。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)