現在、沖縄の那覇に滞在しております。東京は秋めいておりましたが、那覇はまだ夏まっさかりです。バイオベンチャーの審査をやっておりますが、まだまだ面白いアイデアを持つ企業が出てきております。この事業を沖縄県が後10年間も続ければ、本当にバイオアイランドとして成長する種子がまかれるかも知れません。さて、8月29日、オランダ大使館で開催されたオランダTNOのセミナーでびっくりするような発表がありましたので、お伝えしたいと思います。腸内細菌叢の研究成果の一つとして大腸菌の多数の株を次世代シーケンサーで片っ端から解析したところ、まったく新しい生命像が明らかとなってきたのです。まだ、大腸菌のことですら、本当に少しのことしか分かっていなかった。

 ここからは申し訳ありませんが、Wmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/)から有料でお読み願います(個人カード払い限定、月間500円で100本まで読み放題)。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)