こんなにもおしゃべりな私が口にチャックをし、皆さんに1年間も秘密に進めていた「僕ゲノムプロジェクト」の全貌を皆さんにやっとお話できることになりました。10月4日、仙台市で開催された第3回生命医薬情報学合同大会の特別企画として、全ゲノム解析データから個人の特性がどこまで判るか? ウェブ上のデータと組み合わせて個人が特定できるかを、選りすぐりのバイオインフォマティシャン3人が競いました。ゲノムは東北大学で全塩基を解読後、名前を伏せて、東大医科研のスパコンのサーバー上に掲載、このデータを基に、3人が私の特徴を推定、それぞれ発表いたしました。会場は会期最後にも拘わらず満員、大いに会場は沸きました。この社会実験から判ったことは何か? 現在、社会と摩擦を生じつつ、新たな健康市場の創造に挑戦しているパーソナルゲノム・サービス(PGS)の展開にも示唆に富む発見がありました。しかし、何事もやって見なければ判らない。結局、3人ともゲノム情報だけでは個人を特定できませんでした。しかも僕ゲノムには、動物のヤク、アオウミガメ、小麦、キュウリのゲノム配列も見つかる始末。この程度の解析が現状です。しかし、ゲノム指針の中核をなす、連結可能、連結不可能匿名化の考えに、疑問を持つようになりました。連結の有無に関係無く、嫌だったらゲノム提供をオプトアウトできる仕組みを考える必要があると思います。ゲノム情報×ウェブ情報で、かなり個人を特定できる可能性を体感しました。ゲノム配列を手掛かりに、個人情報とゲノム情報の対照表がなくても、近いうちに個人を特定することは可能になる。特にPGSの発展とデータシェアの考え方の普及が、状況を変えてしまうことは避けられません。



 ここからは申し訳ありませんが、Wmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/)から有料でお読み願います(個人カード払い限定、月間500円で100本まで読み放題)。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)