再生医療新法と改正薬事法である医薬品医療器機等法が11月26日より施行され、資生堂などが再生医療の新規事業に取り組み始めました。その中で頭を悩ませるのが、実は幹細胞の定義なのです。大学の先生にいろいろ聞いても、これが一致しない。リスクベースの規制では幹細胞かそうでないかが、リスク判定の要となっていますから、事態は混迷を深めるばかりです。

 ここからは申し訳ありませんが、Wmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/)から有料でお読み願います(個人カード払い限定、月間500円で100本まで読み放題)。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)