12月末は米食品医薬品局(FDA)が駆け込みで新薬を認可するのですが、今年も4つの画期的新薬を認可しました。しかも今月認可された抗体医薬は全て抗体誘導体でした。そして新たな分子標的の波がやってきたのです。来年は我が国にもこの波は間違い無く波及するでしょう。創薬イノベーションはまだまだ止まらない。一年を締め括るのに、グローバルな製薬業界にとっては最高の年末となりました。

 ここからは申し訳ありませんが、Wmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/)から有料でお読み願います(個人カード払い限定、月間500円で100本まで読み放題)。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)