4月12日には、参議院議員会館でゲノム議論の勉強会が設定されています。前回のメールでお示しした片山さつき参議院議員のIOHH構想といい、政治家がバイオや先端医療に関心を高めてきました。昨夜、開催された第11回ヘルシー・ソサエティ賞(日本看護協会、ジョンソン・エンド・ジョンソン共催)にも、安倍首相が登場、医療イノベーションをぶち上げて、颯爽と会場から立ち去りました。Twitter( https://twitter.com/miyatamitsuru )でその様子をご覧願います。つまり今やバイオや先端医療は我が国の産業政策や社会にとっても重要な課題として認識されているのです。ただ、本当にそれを推進することが我が国でできるのか?



 実は我が国の医療イノベーションのインフラにはとても大きな法の穴が存在しています。

 ここからは申し訳ありませんが、Wmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/)から有料でお読み願います(個人カード払い限定、月間500円で100本まで読み放題)。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)