いよいよ遺伝子治療に本格的にビッグファーマが参入して参りました。今年は遺伝子治療元年となりそうです。現在までに我が国ではタカラバイオがexo vivoの遺伝子治療、そして杏林製薬が岡山大学のバイオベンチャー桃太郎源と提携、この夏にも遺伝子治療の臨床試験を開始することを発表しています。抗体医薬で致命的に出遅れた我が国の製薬企業は遺伝子治療実用化の波にまた乗り損なうのではないかと心配しております。

 ここからは申し訳ありませんが、Wmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/)から有料でお読み願います(個人カード払い限定、月間500円で100本まで読み放題)。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)