先週の土曜日に、横浜市立大学 大学院医学研究科臓器再生医学の谷口英樹教授を取材した結果、谷口先生の言う再生医療のビジョンに大いに刺激されました。その後、ぐるぐる頭で考えましたが、どうやら再生医療の実用化は、自家移植⇒他家移植⇒自家移植と他家移植の棲み分けとなると確信するに及んだのです。現在、他家移植に殺到しておりますが、自家移植の復権も十分あり得ると思います。

 ここからは申し訳ありませんが、Wmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/)から有料でお読み願います(個人カード払い限定、月間500円で100本まで読み放題)。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)