先週、松山市開催された日本がん分子標的治療学会第19回学術集会は極めて刺激的な学会でした。従来は分子標的薬中心であった学会が、癌免疫療法を取り込み、分子標的薬や癌免疫療法の統合化によって、癌の撲滅や癌の予防が可能となるのではないかと、大いに期待できる段階に突入したのです。こうすれば癌は撲滅(予防も含めて)できるという大胆な絵を描いてみました。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で100本まで読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)