先週の土曜日(2015年6月27日)に東京で開催されたThe second world centenarian Initiative、International Symposium on Alzheimer’s Disease Prevention Strategyは極めて刺激的な会議でした。画像診断に進歩によるアルツハイマー病の治療薬や予防薬開発の戦略を最先端の研究者が開陳したためです。中でも国際共同研究プログラムADNI(The Alzheimer's Disease Neuroimaging Initiative)を率いている米カリフォルニア大学San Fracisco校のMichael Weiner教授の講演は、βアミロイド仮説に基づくアルツハイマー病治療薬・予防薬開発の苦悩に満ちたものでした。この春発表された米Biogen-Idec社の抗βアミロイド抗体BIIB037(adcanumab)のフェーズIB臨床試験(PRIME)で、同社の株価は急騰しましたが、実際の研究の現場はそれほど楽観的ではありません。木曜日のコラムと合わせ、その真相に迫ります。まずは、楽観的なadcanumabの臨床試験成績の紹介から参りましょう。

 

ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。WMの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で100本まで読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、以下のログインボタンを押して記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)