まず皆さんにお伝えしなくてはならないのは、理化学研究所多細胞システム形成研究センター網膜再生研究開発プロジェクトの高橋政代プロジェクトリーダー(PL)が、遺伝子治療学会で講演したiPS細胞由来の網膜色素上皮細胞シート移植の2例目の施術断念の真相です。iPS細胞の臨床応用は世界でたった1人、高橋PLしかなし得ていない、それが語った顛末は我が国のiPS細胞研究の根本に対する疑問をむくむくと湧かせるものでした。臨床研究着手という輝かしい報道の影で、多細胞生物に関する基礎研究の不足の結果、iPS細胞研究は迷路に迷い込んでしまったのです。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で100本まで読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)