先週、暑い大阪で開催された日本遺伝子治療学会から、再び興隆する遺伝子治療の最新動向をお伝えします。このメールでも何回も申し上げていますが、2012年に欧州で最初の遺伝子治療が認可され、今年はひょっとすると2件の遺伝子治療薬(腫瘍溶解性ウイルスとADA欠損症治療用レトロウイルスベクター)が認可されるかもしれません。これによって遺伝子治療に対する投資はさらに加速することは避けられません。こうした第2の実用化が始まる遺伝子治療に欧米の投資家やビッグファーマが殺到しています。再生医療だ、iPS細胞だと我が国は投資を偏らせていますが、本当にそれだけで良いのか? 食べ頃となった遺伝子治療に今、手を出すべきではないか? ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で100本まで読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)