「文春砲」による桃色スキャンダル報道も絡まり、iPS細胞ストック事業はきりもみ状態に陥っておりましたが、どうやら産業化の基盤形成に向けて、2020年4月1日からやっと第1段階の体制が整ったもようです。06年にマウスのiPS細胞が報告されて以来、15年目にして新たなスタートが切られます。少しほっとしております。

◎関連記事

進化する他家iPS細胞再生医療の2つの頸木

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/17/11/01/00277/?ST=wm

iPS細胞産業化の条件

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/17/03/08/00169/?ST=wm

iPS細胞研究所、直撃取材(予告)

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/17/02/08/00159/?ST=wm

iPS細胞ストック一部供給停止の真実

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/17/01/30/00156/?ST=wm

再生医療に賭ける富士フイルムの野望

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/16/11/07/00120/?ST=wm

GMP製造による国産iPS細胞の供給が不可欠に

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/16/10/17/00112/?ST=wm

NIHクリニカル・グレードとiPS細胞ストックの微妙な違い

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/16/06/29/00069/?ST=wm

NIH、クリニカル・グレードのヒトiPS細胞をとうとう供給へ

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/16/06/27/00067/?ST=wm



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/)からならお得な料金(個人カード払い限定、月間550円(税込み)で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)